紺乃 一郎(こんの いちろう)

米大手通信企業AT&Tの日本法人で部長職を経験したあと、国内大手インターネット企業IIJ Groupに移籍し独立まで部門長を担当。
2001年から、普及期のコンビニATMプロジェクトにプロジェクトマネージャーとして着任、2014年の離任時まで、2万拠点を超えるネットワークの導入と、数十名からなるネットワーク運用管理部隊を率いた経歴を持つ。
2014年に前職から独立、LEC株式会社(旧LEC Network Engineering株式会社)を設立して代表取締役に就任。SES 事業を中心に大規模金融ネットワークの構築案件に携わっている。

小瀬村彰一(こせむら しょういち)

米大手通信企業AT&Tの日本法人、国内大手インターネット企業IIJ Groupにて一貫してプロジェクトマネジャーとして、大規模金融ネットワーク案件に携わった経験を持つ。
およそ30,000拠点を有するコンビニATMネットワーク案件は、提案・設計・構築・導入・運用全てのフェーズを担当。エンドユーザー、SIer、通信
キャリア、機器ベンダー、導入ベンダーなど様々な企業間の困難な調整を行いプロジェクトを成功させている。12年におよぶコンビニATM向けネット
ワークの経験を活かし、流通系金融機関のATMネットワーク展開にも参画した。

佐藤 勇介(さとう ゆうすけ)

コンビニATM サービス会社にて5年、導入展開チームに参画。
エンドユーザー、通信キャリア、導入ベンダーと全国10,000拠点に対しての手配、ATM導入~サービス開始までの調整を担当した。
日々にスケジュール変更が頻発する中、決められた納期までにサービスを開始させることを常に意識しながら全体スケジュールをコントロールしてき
た経験を持つ。
また転籍先のNierでは、ATMネットワーク30,000拠点を有するコンビニネットワーク回線調達リーダーを担当。エンドユーザー、通信キャリア、導
入ベンダーとの調整を幅広く遂行。

近藤 篤(こんどう あつし)

都銀ATM 設置における回線調達、稼働調整を中心に金融業界のプロジェクトに13年の経験を持つ。
展開プロジェクトでは、現地における回線の物理工事のスケジュール調整を得意としている。
「責任」と「プロジェクト関係者に感謝される仕事をする」を信条としている。

髙柳 元一(たかやなぎ もとかず)

コンビニATM回線マイグレーション案件に従事。全国約2万拠点規模の工程管理、顧客との調整業務を担当。
その後の、ATM全国拡大展開に伴う、回線調達業務全般を担当。顧客アカウントリーダーとして、エスカレーション対応、顧客との連絡窓口を担当。
消費者金融の回線マイグレーション案件に従事。顧客先に常駐し現場リーダーとして、進捗管理、協力会社社員の勤怠管理、教育を行う。
コンビニ本部にて、ATM関連業務全般に従事。ATM導入から運用、ATMに関しての相談事まで幅広く対応を行う。